ベッドが不要になった場合の処分方法を紹介!自治体や不用品回収業者を利用して捨てる


自治体で粗大ごみを捨てる方法

買い替えや子どもの成長などによって、ベッドを処分したいと思うこともありますよね。しかし、自分の背丈以上ある大きな家具をどうやって捨てればいいのか悩む人も少なくありません。自治体のごみ出しで処分するには、一般のごみでは捨てられないので、粗大ごみとして引き取ってもらう必要があります。自治体により粗大ごみの捨て方は異なりますが、基本的に住んでいる市区町村にある粗大ごみ受付センターへ電話又はネットから、ベッドの処分を申込みます。申込み後、必要な金額の粗大ごみ処理券を指定されたスーパーやコンビニなどで購入します。処理券をベッドに貼り付け、指定された日時に指定されたごみ捨て場に不用品を持っていくという流れで処分できます。

不用品回収サービスを活用して処分する

自治体でベッドを処分する際は、大きな粗大ごみを1人で運び出すのは難しい作業になります。家族の協力があっても、重たい荷物の運搬に慣れていないと、壁や床にぶつけたりすることもあるかも知れません。住まいが賃貸住宅であれば、居住者と通路や階段で出会う可能性があるため、安全のために十分な配慮をする必要があるでしょう。そんな粗大ごみを自力で片付けるのが不安であれば、不用品回収を依頼するという手段を使ってみてはどうですか?重たいベッドを自分たちに代わってスタッフが搬出してくれるため、楽に回収してもらえます。不用品回収は、当日や翌日といった迅速に対応してくれる業者が多く、急いで粗大ごみを処分したいときにも便利に利用できるサービスです。

不用品回収の新宿の業者が利用されやすいのは、業者が多いからです。また、業者が分かりやすく説明してくれるなど対応が良いところが多く、トラブルが少なく利用しやすいと評価が高いです。